カテゴリー
Movable Type 時代の投稿

雅楽

大学に行ったついでに…というのも変ですが、大学で雅楽の講演会が開かれていたので、ふらっと聴いてきました。
生雅楽は初だったのですが、とっても良い感じでした♪
やられていたのが、有名になられてしまった東儀さんのお父様だったということもあるのかもしれませんが、結構人の入りも良かったようで。


しかし、いざじっくり聴いてみると、拍子というかテンポというか、あんなにもとれないものか、と思いましたね。
どこで入ればいいのか、どこで合わせているのか…オーケストラのようにはメンバーが多くないとはいえ、よほどの力量であったり練習量であったりなんでしょうねぇ。
当たり前のことですけど(笑)
日常生活で優雅さの欠片もない現代人には、難しいんでしょうか(爆)
それに、あの篳篥という楽器も、火鉢で常に暖めておかなければいけない、というのが驚きでした。
ステージ上に上げるギターとかもそうですけど、そこまでデリケートな楽器なんですねぇ。
あの、パイプオルガンにも通じていくような音は、とっても好きです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です